• カテゴリーなし

東京理科大学と菊池製作所が開発した、「マッスルスーツ」のデモンストレーションが施設内で行われました。

ニュースにおいて菊池社長は「マッスルスーツは、世界でますますニーズが高まっていく可能性のある製品。特に介護分野は今後の日本全体の産業を支える上でも重要な部分であり、市場の発展や成長に貢献できれば」と話しています。

今日のモデルは利用者Sさん。話を聞いて立候補してくださいました。ありがとうございます。

スタッフ談「介護ロボットすごいです。前のモデルより進化しています!」との感想がありました。

私たち施設は、介護の腰痛問題解決に向けて、日々取り組みを続けています。

 

2019年03月01日