• カテゴリーなし

~「ゆめ水族園」とは?
「ゆめ水族園」はFantas Projection(ファンタスプロジェクション)の可能性を探る中、ある病院で、これまでに実施してきた映像空間の動画を紹介した際に看護師さんからいただいた、「外になかなか出られない、入院している子どもたちに見せてあげたい」という一言から生まれた企画です。映像ならではのワクワクする楽しい空間を創り出し、外部環境に接する機会の少ない人たちを始め、多くの方々に、豊かな感覚体験を届ける活動を行っています。
この企画は、エプソンだけでなく、特別支援学校や教育に携わる先生方、医療や心理学にかかわる方々、映像撮影に全面的に協力してくださる水族園や動物園の皆様、さらに、この「ゆめ水族園」の重要な要素となる音楽や映像の制作者など多くの関係者の、「みんなに幸せな時間を届けたい」という優しい気持ちに支えられています。
2015年から、エプソンは、そういった多くの人々の気持ちを乗せて、特別支援学校や病院の皆様に「ゆめ水族園」をお届けしています。~エプソンHPより

当センターにも来てくれました!エプソンさまの「ゆめ水族館」。すごーい!!!参加者みんなびっくりです。

すてきな音楽とともに、天井やかべだけななく、空中にも画像がうかびあがります。

今日は一日中、入所部門から通所部門。さらには中部施設の利用者さんまで「すてきな」体験することができました。

エプソンさま、これからも全国のみなさんをワクワクさせていって下さいね。本日はまことにありがとうございました!!!

2018年12月13日

日本盲導犬協会のご厚意で、当センターへ2頭の盲導犬とスタッフの皆さまが、利用者の皆さんに会いに来てくださいました。

まずは、生活介護たいようへ。はじめは離れて様子を伺っていた利用者さん。しばらくすると笑顔でふれあう事ができました。

医療型児童発達わかたけでの様子です。最初は「じーっ」と見つめ、少しづつ近づいていきます。それを、ご家族、職員はにこやかに見守ります。すてきな場面です。

続いて、入所部門です。利用者の皆さんこの日を楽しみにしていました。利用者さんの笑顔いいですね。ほのぼのします。

ちびっこも職員に促され、なでなでにチャレンジします。さあどうでしょう。→びっくりして泣いてしまいました。

盲導犬協会スタッフのみなさまのやさしい介入で、利用者さんたちは自然と打ち解けていきます。みなさんの笑顔がすてきです。

やはり、盲導犬の癒しパワーってすごいですね。利用者のみなさんメロメロでした。日本盲導犬協会の皆さま。本日の訪問まことにありがとうございました。

 

2018年11月29日

10月12日(金)日本人類遺伝学会にて成富先生が貢献賞を受賞しました!

受賞演題は「遺伝性疾患データベース(UR-SBMS/Syndromefinder)の開発から30年」

講演風景です。先生楽しそうです。

成富先生。ご受賞、おめでとうございました!!!

2018年11月21日

さわやかな朝を迎えました。ホテルのお部屋は和洋室でひろびろでした。

ホテルチェックアウト!まだまだ旅行は続きます。

もとぶ文化交流館でお楽しみタイムです。

親子で製作活動。上手く出来ました!この後は古宇利島を観光しました。

すごく豪華なランチタイムです。

美味しかったですね!さあ、そろそろ帰りましょうか。
ご家族感想「十何年ぶりに一緒に寝る事が出来た。とても楽しかったです。」
ご参加のみなさん。お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

2018年11月19日

入所者とご家族参加での県内一泊旅行が実施されました。

出発式には職員や通所のお友達も参加してくれました。

天気は快晴。いい旅行になりそうです。いってらっしゃーい。

ご家族と一緒のランチタイム。格別ですね!

沖縄観光の目玉。美ら海水族館到着です。

いろいろと見聞を広めます。

ここは何を展示しているのでしょうか。

美ら海水族館最大の見どころ「黒潮の海」です。さいこーです。

すごすぎて、「なんも言えねえ」ですね。

イルカのオキちゃんショー!

ホテルチャックイン。ディナータイムです。

食後の花火タイム。

夜のつどいタイム。楽しく夜は更けていきました。

2018年11月19日

近年、巷では盛り上がりをみせているハロウウィンですが、当センター事業所もこのイベントを楽しんでいます。

みんなでお菓子をもらいに院内を散策。ばったり会ったのはなんと理事長先生!

つぎは院長先生のお部屋まで。リハビリがんばったのでお菓子くださーい。

パーティー気分の今日ですが、大事な健康チェックは忘れません。

楽しかったハロウウィン。ご家族、職員の皆さん。ご協力ありがとうございました。

2018年10月31日

医療型児童発達わかたけで、おじいちゃん、おばあちゃんお招き会が開催されました。当日の様子をご覧ください。

多くのご家族のご参加がありました。まずは4月からの活動をスライドショーでご覧いただきました。

そのあとは、おじいしゃん、おばあちゃんへ感謝を込めて、パーランク―の演舞を披露です。

子ども達の元気な演舞に、会場は笑顔につつまれました。

このあと、写真立ての記念品をプレゼント。「いつもありがとうね」

テーブルを囲んでティータイム。にぎやかですね!

おじいさま、おばあさま。いつもご協力ありがとうございます。これからも宜しくお願いいたします。~わかたけ職員一同より

 

2018年09月21日

代表あいさつ

 

平成30年9月1日、沖縄南部療育医療センター平成最後の夏祭りが開催されました。

 

みんなで、ハイ、チーズ

 

アイヤ―、噛まれる―

 

イーヤーサーサー ハーイーヤ

 

 

皆さん、参加ありがとうございました。

2018年09月11日

医療型児童発達わかたけでは毎年夏祭りを行っています。今年は約70名の参加がありました。

お祭り当日。スタッフははっぴを着てお迎えです。賑やかですね。

お母さん達も出店のかき氷やゲームをいっしょに楽しんで下さいました。

スイカ割りコーナーです。それ!それ!

きょうだい児も一緒に!

楽しい夏祭りが行えました。ご参加ありがとうございました。また来年もお待ちしていま~す

 

 

2018年08月22日

「交流をとおして福祉の心やボランティア精神など心の教育の充実」を目的に施設近隣の那覇市立神原中学校生徒会の皆さんが交流にいらっしゃいました。ちびっこ達が通う医療型児童発達わかたけの保育活動に参加し、「どんぐりころころのペープサート」を披露してくださいました。

子ども達は目の前で繰り広げられるたのしいおはなしに聞き入っています。このあとは、わかたけ園児より感謝状の贈呈がありました。

生徒さんの感想です。

「一緒に遊んだり、踊ったりして、子ども達が楽しそうに笑っていて、とてもかわいかったです。」

「この体験はこれからの生活にいかしていきたいと思いました。」

「(わかたけ以外でも)いろんな人と関われてみんな個性豊かだなと思いました。」

「将来は医療関係の仕事についてみたいです。」

神原中学校生徒会のみなさん。今日はどうもありがとうございました。

2018年08月10日
1 / 1812345...10...最後 »